スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




自称日本一な店 

高校野球少年は、日本一になるため汗を流しています。
スカイツリーは日本一の高さを目指して工事されています。
日本一になるためには並大抵でない努力が必要!
だがしかし、日本一を歌っているお店の多いこと!

110118a.jpg
まずはここ、全国一(カットが)安い店。1100円。
しかしここを見てくれ、850円!よって全国一が偽りである。
今日はこうして自称日本一を糾弾していこうと思う!

110118b.jpg
次はここ、日本一うまいちきん南蛮。
そもそも味覚なんてのは個人差があるもので
日本一なんて誇張しているに過ぎない!
そもそも 本物 ってなんだ?ニセモノとかあるの?
でも…これは許す!許しちゃう。
だって、ちきん南蛮大好きだから!

110118c.jpg
安さで日本一を自称する店も多い。特に関西圏。
ここは岡山の日本一安い中古自転車屋。
堂々と看板に明記するたぁ非常にいい度胸!
だいたいこーゆー店は放置自転車を買い付けたりしてるらしい。
でもまぁ、パンク修理500円は結構安いね。許す。

110118d.jpg
日本一たい焼きは、過去に日本一になったことあるらしい。
売り上げ的な意味で。一時たい焼きブームってあったよね。
愛媛でも、ここができた時めっちゃ並んでたけれども
最近通ると………。うん、ガンバレ。許すからガンバレ。

110118e.jpg
東京にある日本一なんでも揃う世界堂。
日本なのか世界なのかハッキリしてほしいが
品揃え日本一っていうのは、よほど自信があるのだろう…
どれどれとググってみると、オンラインショップ発見。
なに!?鉛筆が10H~10Bまで発売!?へ~そんなにあるんだ。
話変わるけどタイガーマスク運動。
その一環として10Hの鉛筆を小学生に大量にプレゼントしてみたい。
「先生~、この鉛筆どんなに強く書いても薄いよ~(ToT)」と
世の中の無常さを思い知らしめたい。

振り返ってみると、なんだ結構許されるな自称日本一。
もっとドヤ顔で自称していいのかもしれない。
今日のこの記事は日本一無駄だぁー!!



スポンサーサイト

日本一のマラソン練習コース 

相変わらず微妙な日本一を紹介。

090614a.jpg
「日本一のマラソン練習コース」

熊本県阿蘇の久住町にあります。
衛星から見たらこんな感じ。
090614b.jpg
しかし、クリック1つで衛星写真が見れるなんて
便利な時代になったもんですよねホント。

さて、日本一の練習コースで練習するためには
「星降る館」で申込みをしないといけないそうな。星降る館。
金田一少年の事件簿で4人くらい死にそうな名前の館ですね。

もちろん、ここではマラソン大会も行われます。
第23回久住高原クロスカントリーは、6月19日まで申し込めるそう。
高低差約70mの涼しい阿蘇にある日本一の練習コースで
みんなと2000円払ってマラソンがしたい!って方はまだ間に合いますよ~


あと、この近くには盆栽の像?のようなものがあります。

090614e.jpg
これは、鳥ですね。なんかいっぱいいました。

090614c.jpg
人…?長崎の平和の像のポーズ…か?

090614g.jpg
くまー、うしろ!うしろ!

090614d.jpg
…コアラ?でも像みたいな鼻があるような…

090614f.jpg
カオスw 全部でこの写真X5倍くらい。
売り物なのか何なのかサッパリわかりませんが
緑広がる穏やかな阿蘇で存在感を醸し出していました。悪い意味で。

まぁ、そんな感じな、日本一のマラソン練習コースでした。
このまとまりの悪さ、なんとかならへんの?





元)日本一長いエスカレーター 

徳島といえば鳴門の渦潮!
で、鳴門公園には「東洋一のエスカレーター」があります。

090603a.jpg
もちろん、そこにたどり着くには
幾重ものお土産屋と戦わねばなりません。
名物のびわソフト、らしい。
とりあえず、うん○みたいだったんで撮りました。




日本一の吊り橋 

宮崎県にある日本一どころか世界一の物件。
それがこの

turibasi01.jpg
「世界一長い歩く吊り橋」

自分で「世界一!」とかゆってます。が、しかーし!
同じ九州の九重町に世界一の橋ができたらしいから
実際今は2位てことらしい。せっかく石にまで彫ったのに…
まぁでも下に線を足せば「二」になるからよかったですね。




日本一の大黒柱 

今回の日本一は!いつもよりさらに!微妙です。
それは!なんと!

日本一の~、



daikoku.jpg

大 黒 柱。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。