FC2ブログ







中国-6- 

ヘイレイ寺石窟というトコにいきました。
船で1時間かかる辺鄙なところです。

081124d.jpg
船でグアーッと走ってると、


081124e.jpg
途中から突然水が赤くなる。
土のせい?



081124f.jpg
これがここのメインの仏像です。
なんと大胆なことに、崖に直接彫り込んでます。
左に見える階段と対比してもらえれば大きさがわかりますか。
とにかくでかい。やたらでかい。


が、ワタシだけでしょうか…


081124g.jpg
やたら「乳首」に力が入ってるような気がしてならんとです。
あれさ…ああやって掘るの結構大変だったと思うぜ?
ピンコ立ちだぜ?あそこまで立たせる必要はあったのか?

凄い厳格なお顔で鎮座されてるだけに、とっても気になります。
実はすごく寒かったのかな……?

まさに中国4000年の謎。



中国-5- 

中国の遺跡。
081122a.jpg
ごく普通の石の遺跡。由来もよくわからん。
だが、なんとココ、
降りただけで80元(約400円)取られてしまう!

400円たら、葡萄が40kg買える値段ですよ。
それがなんと、降りただけで!どんな聖地ですか。

だから、降りずにバスから写真を撮った。
車に乗ってたら別に何してもいいらしい。……謎。
仮にチャオズが車に乗ってたとして、浮いてたらいいのかな?

しかし、砂漠の真ん中にあったんだが、
誰かが常に見張ってるんだろうか?謎は深まるばかりです。





中国-4- 

081122b.jpg
鈴売りの少年。肩で風斬ってます。
なんだろう、この哀愁漂う背中は…

鈴売りは他に少女も含めて4人くらいいました。
必死で営業をしてきます。

「イッコ、10元(約150円)」

拙い日本語でしきりに誘いかけてくる彼ら。
このために彼らは日本語を勉強してるのかな…

「ゼンブ、50元(約750円)」

ごめんよ、お兄ちゃんそんな鈴ばっかもってられないんだ。
というか、いらねーよ高ぇーよ

やんわりと断りつづける。
しかし向こうも必死、あとをチャリでつけてきて、かなりしつこい。

「ゼンブ、日本円デ、1000円」

え、なんか高くなってるし!!(゚ロ゚ノ)ノ

すると、鈴売りの5歳くらいの少女が
「プレゼント」と言って、鈴をひとつくれた。

これが、鈴の音とともに、自分の心に響きました。
バカだなぁ、彼らは売りたいわけじゃない、
親から売ってこいと言われて、仕方なくやらされてるんだ…
本当は、久し振りのお客さんを迎えたかったんだな…


俺はその少女に「プレゼント、シェイシェイ」と5元渡しました。
鈴のお金じゃない。これは少女の気持ちに対するお礼だよ…

このプチ・イイ話を海外旅行ベテランのDさんに話したんです。



「バカだなぁ…そんなの作戦に決まってるじゃないか」



その後、鈴の値段が1個5元になっていたのは言うまでもないですか。



<今日の中国語>
・ブーヤオ(いらない)

欲しくないものはハッキリ言いましょう。




中国-3- 

081121d.jpg
中国で食べたパン。
味はただのコッペパン。やたらネチャネチャしてた。
うまくもなかったけど、その前にこの名前はなんとかならないものか。
『新旗 毛 毛 蟲』とか。
中国語はよくわからんけど、訳したら

「新しい見た目!虫の赤ちゃん!」
(※毛毛は赤ん坊の意らしい)


他にあんぱんもあったが、
パンの半分が空洞で、その空洞の3分の1があんこ。
つまりあんこはパン全体の6分の1。
ジャムおじさんがこれ見たら
「こんなん…ホンマもんのあんパンちゃうわ!」て激怒するわ。

でもまぁ中国だからって言われれば、なんか納得。




中国-2- 

081121a.jpg
これは日本でも普通に見られる葡萄の木。
少し拡大してみましょう。

081121b.jpg
生 り 過 ぎ。

日本の4倍くらいの実の数があります。
なんかブドウじゃないみたい…

中国は葡萄の生産も盛んらしく、
この年は特に豊作で、10円/kg とかだったらしい。
1キロ10円て。有料トイレ使う値段と一緒か。

081121c.jpg
日本でいう”ねこじゃらし”らしい。
これまたデカイ!ねこじゃらしまでデカイとは。
こんなん振ってたら、じゃれるどころかビビって逃げるよ。
ちなみにねこじゃらしは本名”狗尾草(えのころぐさ)”といい、
花言葉は『遊び』だそうです。

とまぁ、国だけじゃなく色々スケールのでかい中国。
しかし大きいのはTVとカレーの具だけで充分ですな!