スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




【不可思議】キャトルミューティレーション 

世の中には不思議なことが色々あるもんで

超能力とか、幽霊とか、UFOとか、
なんでアイツにあんな可愛い彼女がとか、

理屈じゃない現象みたいなんがあるわけです。

今回の「キャトルミューティレーション」は
日本語だと「動物虐待」なんだそうなけれども、
むろん、ただの虐待じゃない。
(てゆうか動物虐待って英語にするとカッコいいな…)






簡単にどんなもんかというと、

■動物の死体の一部がきれいに切り取られ、
しかも血液がすっかりなくなるという奇妙な惨殺死体事件のこと。


このような死体が初めて発見されたのは1960年代の米国でのことで、
その後、1970年代から頻繁に発生するようになる。

わかってるだけでも12000頭以上の牛が被害にあってんだと。
(もったいない…焼き肉何人前だ!)

さらにはその死体の一部
(特に目、舌、肛門、直腸、乳房、性器、内臓など)が、
まるでレーザーメスを使ったかのようにきれいに丸く切り取られてる。
また全身の血液が全く無くなっているが、周囲に血痕はない。

このような事件は青森でも2件報告されている。
(なんで青森?)


…とまぁ、一言「宇宙人の仕業じゃね?」
と言ってしまえば簡単なんですが。

「異星人説」
「捕食動物襲撃説」
「アメリカ軍秘密実験説」

と色々あげられているそうです。


しかし、死体の中には

・傷口が焼けているもの、
・奇妙な色素の付着、
・放射能をおびているもの

そんなのがあり、完全には解明されていないそうな。
また、事件の起こった付近では、
音のしないヘリコプターやUFOも目撃されているんだとか。

少しずれるが、調べてたらこんなのがあった。

----
我々がキャトルミューテシレーションと呼んでいる
この種の事件の背後には日本人がいる。
端的に言うならば、日本人がこの事件の真犯人である。

日本人は、「スシ」に代表されるように、
生の魚肉や内臓を食する、世界にも類を見ない人種である。

さらに、「ハラキリ」という言葉にもあるように、
人間や動物のハラをキル事に対し、罪の意識を持たない。

このことからも分かるように、
日本人は、牛の内臓を自分達の食欲を満たす為に奪っているのだ。
----

ツッコミがいがありすぎるけど、一応素直にツッコんどこっか。

なんでハラキリ(切腹)→動物虐待OK!になるんだ。
わざわざアメリカまでいってレーザー使って牛殺して食うかっ。
どんだけ飢えてんねん日本人。
どうせなら肉の扱いに詳しい韓国人のほうを疑えよ!


まぁそれだけ得体の知れない事件てことです。
宇宙人の仕業だって言うてしまうのは簡単だけどね。

しかし、宇宙人だとして、持ち帰った臓器はどうするんだろう。
被害総数も半端ないしなぁ。


「うめぇ!牛から持ち帰った舌のとこうめぇ!」

「いや、内蔵もいけるぞ!?」

「こりゃやめられねぇ。もっと食べてぇー!」

「…いっとく?(地球に)」


みたいなやり取りでもしてるのかな。
うーん、ロマンですな。



「生きた宇宙人がつかまった」

関連記事
コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://notheme.blog91.fc2.com/tb.php/139-409f7f8d




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。