スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




【不可思議】空から降るモノ 

空から降ってくるのは雨や雪だけじゃない。

空から奇妙な落下物が落ちてくる現象を
「ファフロッキーズ現象」
というらしいのですが、 古い順からいくつか紹介。






〔4世紀ギリシャ〕
3日間に渡って豪雨のようにカエルが降り続けた。
そのカエルの生臭さは、 何週間もの間町民を悩ませた。


〔1686年10月24日〕
ノーフォーク村に大量のヒキガエルが降って、家屋にまで侵入してきた。
しかし、不思議なことに翌日には、ヒキガエルの姿はどこにもなかった。


〔1830年インド〕
傷だらけの腐りかけた魚が大量に降ってきた。


〔1859年2月イギリス〕
「ヤナギバエ」という魚の稚魚が大量に降ってきた。


〔1861年2月シンガポール〕
ナマズが土地を埋め尽くすくらい降った。


〔1918年8月イギリス〕
ミイラ化したウナギが10分間も降り続いた。


〔1922年3月アメリカ〕
石の雨が数ヶ月にわたって降った。
結局石がどこからどのように降ってくるのか判明しなかった。
似たような現象は宮崎県でも起きている。


〔1989年オーストラリア〕
千匹に達するイワシが降った。


〔1996年3月イギリス〕
重さ約2キロで「しずく」のような形状をした巨大な氷塊が落下し、
通勤途中の人々の度肝を抜いた。


〔1997年2月オーストリア〕
体長5センチほどのイサキ科の魚が、生きたまま降ってきて、
それをカラスの群れがついばんでいた。


〔2004年12月フランス〕
南東部の町に、"排泄物の雨"が降ってきた。
調査したが原因は不明。


〔2008年2月インド〕
雨と一緒に体長5cm~6.5cmほどの小さな魚が降ってきた。


他にも

■植物の種子
■カニ
■ワニ(え!?)
■金属片
■コイン
■紙幣(これは嬉しいw)
■ゼリー状の謎の物体
■バター(なんでバター…)
■燃える破片
■ユスリカの卵
■綿
■肉片と血(こ、これは…)


などが降ってきたという事例があるらしい。

これらには 「竜巻説」が有力ですが、

・降ってくるものが一種類なのはなぜか?
・なぜゴミや土がないのか?

という疑問点が残され、それについては合理的な説明はできないようです。



どうせならこんな↓感じだったらいいんだがなぁ。
---
【ニュース】空から現金、500人が恩恵に預かる【インドネシア】
2008.6.2 16:22

インドネシア人の作家が1日、書著のプロモーション目的で飛行機から現金1億ルピア(約113万円)をばらまいた。地上では貧しい地元住民が紙幣に殺到した。
---



「はれときどきぶた」

関連記事
コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://notheme.blog91.fc2.com/tb.php/145-a8e636ec




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。