スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




【不可思議】臨死体験 

昔、ぬ~べ~読んで憧れた時代が私にもありました。

臨死体験。

うちの大学の先生は坊さんであり元医者であり。
だから臨死体験にあった患者を知っている。
やはり命の瀬戸際の手術の時に見るらしい。





その先生が言ってた話。


<体験A>
美しいお花畑にいて、むこうで手を振ってるひとがいた。
美しい女性の様だったが、近付くにつれ形相がまるで鬼のようになっていき、
怖くなって引き換えしたら、目が覚めた。


<体験B>
気がつくと河原にいた。周りでは子供達が遊んでいる。
ふと向こう岸を見ると、明るく光っていてとても美しい。
だから河を渡ろうとしたら、そこにいた子供達が足にまとわりついて離れない。
するとこっちからウグイスの鳴き声が聞こえ、振り向いたら目が覚めた。


やはりお花畑や明るい美しいところが定番のよう。


では何故この様な体験をするのか?

仮説①脳から出る大量のエンドルフィンなどの脳内麻薬のせい。
仮説②霊魂が死後の世界へ向かう途中の景色。


他にも色々あるが、こればかりは今後もわからずじまいだろうなぁ。

ちなみにウィキによると、

【臨死体験の段階】
1.死の宣告が聞こえる
 心臓の停止を医師が宣告したことが聞こえる

2.心の安らぎと静けさ
 言いようのない心の安堵感がする

3.耳障りな音
 ブーンというような音がする

4.暗いトンネル
 トンネルのような筒状の中を通る

5.物理的肉体を離れる
 体外離脱をする

6.他者との出会い
 死んだ親族やその他の人物に出会う

7.光の生命
 光を伴った神のような存在に出会う

8.省察
 自分の過去の人生が走馬灯のように見える

9.境界あるいは限界
 川のような死後の世界との境目を見る

10.蘇生
 生き返る



こんな段階らしいです。


ちなみに人が死んだとき、体重が0.05g軽くなるのは、
魂が抜けたからとゆう説がある。


死後の世界…
まぁいつかは行かざるを得ないですけど。



「地獄先生ぬ~べ~ (1-31巻 全巻)」

関連記事
コメント
コメントの投稿















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://notheme.blog91.fc2.com/tb.php/148-6639e27e




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。