スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




中国-9- 

081126b.jpg
「始皇帝の墓」とかいう遺跡です。
像がいっぱいだゾウ☆
なんだか、日本の満員電車のようです。

始皇帝といえば39歳で中国を統一したスゴイ人。
そんなすごい人の墓は博物館になっているわけですが
なんせ広さがスゴイ。学校の体育館X9くらいある。

超有名なスポットだけに、売り子も多くて。
そこでこんなやり取りがありました。





自分が捕まったのは、なんか汚いおっさん。
「100元、100元(約1500円)」と話し掛けながら、
手のひらサイズの写真の像を売りつけてくる。

知っての通り、日本人はボッタクられやすいんです。
中国人の格好のターゲットは日本人団体客!
よって背中に「貧乏人」と書いたTシャツ着た
さえない大学生の自分にも、しつこく商売してくるんです。

まぁでも、基本無視しとけばええわけで。
すると「100元」 「50元」 「30元」 「20元」 「10元」
なんも喋ってないのに一方的に値を下げ始め、ついに10分の1に。

ぶっちゃけ全然いらなかったが、150円なら…と思い始めた。
(まぁ向こうの思うつぼなんですが)
さてはてどうするものか。
そうだ、ツアー参加者の留学生の姉貴に聞こう。

「10元とか言ってるんですけど、買っていいですかね?」

姉貴「OK、OK。まかせきな!」

姉貴は頼もしくそう言うと、そのおっさんと交渉開始。
しかしながらおっさんも負けじと食い下がる。

「…!!…!!!」
「!!!!………!!」

いつしか交渉は論争となり、
2人の声も大声から怒鳴り声になっていた。

ビビったのは俺。注目されてるよ!注目の的だよ!
もうやめて!ワタシのために争わないで!
ってこの時初めて思ったね。


姉貴「5元!!」

おっさん「……ハァ~。五元、オーケーオーケー…」

姉貴「やったよ!5元で売ってくれるって!」


えっ、てゆうかもういらないんだけど…



と、いうわけで、怪しい像を75円で購入。
…まぁ100元が5元になったわけだし。
ハッ!これを物好きな友達に50元で売ればいいジャン!?
俺ってあったまイ~♪


「それ、俺3元(45円)で買ったよ?」


ブルータスお前もか!!
しかも俺より安く買ってやがる!



ようは3元の品物を100元で売りつけてくるんです。
皆様も中国行くときは気をつけてください。

ちなみにこの時買った像は、すでに首がもげていましたと。



~今日の中国語~
ウォー シー リーベンレン(我是日本人)⇒私は日本人です

中国の商人の目を光らすことができる魔法の言葉。
関連記事
トラックバック

http://notheme.blog91.fc2.com/tb.php/247-e9dbdfc4




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。