スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




プチ・沖縄弁講座1 

実践で使える沖縄弁!プチ!
短くても手抜きでも、
「プチ」って言えば何でも許されると思っています!

さて今日は
"チュラカーギー""ヤナカーギー"

チュラは沖縄のお店の名前にも使われてますね。
「美しい」を意味するのだそうです。そしてカーギーは「容姿」

そう、チュラカーギーとは「美人さん」のことです。

となると、ヤナカーギーは…そう、つまり「ブス」のこと。
てことは"ヤナ"ってまんま「悪い」ってことです。
悪い顔面…方言とはいえ、ひどい言いぐさですね。

まぁでも、よく言う「不細工」も直訳すると
「細工が施されていない顔」って意味ですし。
…考えてみればヒドイですよね。

大人になると女性に「ブス」なんて言わなくなりますが
例えば小学生の時なんて、よく使ってませんでした?

<例>
少年「へん!あっかんべー。ブース!不細工ー
少女「な、なんですってー!この包茎野郎!」

まさか包茎野郎と言われるとは、少年も思ってなかったでしょう。
これじゃあ二人の関係は悪くなる一方どころか、
下手したら終わりの会の時に
「○○くんが私のことブスって言いました!」ってやられちゃいますよね。
逆に少年は「包茎野郎って言われました!」とは言えませんし…

しかしご安心下さい。沖縄弁を使用することによって…

少年「へん!お前ってホント、ヤナカーギーだよな!」
少女「な、なんですって??」
少年「いや、別に。生乾きって言っただけだよ…」

と、言いたいことも言える上に、うまくごまかせるのです!
逆もしかり、普段とっても可愛くて、でも好きと言えないあの子にも


「チュラチュラチュラチュラチュラー!!!!」


…と、褒めてあげれば、
間違いなく嫌われますので注意しましょう
関連記事




トラックバック

http://notheme.blog91.fc2.com/tb.php/268-1e2956ef




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。