スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




【三重】ルーブル彫刻美術館-4-  

そもそも美術館なのに、写真OKなんだぜ…?

さて、千手観音で度肝を抜かれましたが
他の展示品もなかなか良い味を出しています。
とはいえ全部紹介するのもなんなんで、いくつか参考に。

090901a.jpg
千手観音の左には、エジプト風の男性像。
なんか、色々体のバランス悪いです。短足だし。
けど、でかい。





090901b.jpg
こっちはなんかナルシスっぽい洋風像。
うっとりしてます。バランスのよい肉付きをしております。
けど、小さい。

両方とも、台の上に展示してあるので
目線の位置に股間がくるように計算(?)されています。

090901c.jpg
千手観音の後は、天使コーナー。
金の天使、黒の天使、茶色の天使。
色々な天使が色々なことしております。
アグネスがいたら全部規制されちまいそうですな。

090901d.jpg
『ヒプノス』という作品だそうです。
妖怪のようですが、どうやら『ヒュプノス』という眠りの神だそう。
鬱っぽい顔に見えますが、寝ているだけみたいですね。
学校とかに1人以上はこんな顔してる人いますよね。

090901e.jpg
タイトル不明な作品もいっぱい展示してあります。
たぶん彼はヒプノスをいじめるいじめっ子です。顔的に。

090901f.jpg
『キクラデスの頭像』です。
塩をかけておめし上がり下さい。

090901g.jpg
『永遠の友』という作品名。
この毛を剃った後のヤギみたいなのが
彼女の永遠の友達…?。・゜・(/Д`)・゜・。

090901h.jpg
前の記事で後に見えたこの塔、絵筆塔というらしい。
多くの漫画家の絵が彫られています。
卑猥な像じゃないんだからね!
090901i.jpg
なんと、手塚治虫先生のアトムまでも!
ちなみに、すべてテーマが「河童」です。
ググったところ、富山県高岡市の古城公園にある絵筆塔がオリジナル。
同じのが神奈川県鎌倉市にもあるそうです。
三重県のルーブル美術館にあるなんて記事見当たらなかったけれども。


見て回って、とにかくすっげえ金かかってることと、
ルーブルはあくまで本家ルーヴルとは関係ないこと。
それだけはわかった。
解せぬのは、洋物の像の股間の小ささと、
みんな被ってることや…。ここも日本人に合わせとるんやろか…

(まだ続く)

  
関連記事
トラックバック

http://notheme.blog91.fc2.com/tb.php/358-e5e2bb74




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。