スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




妹の中学の卒業アルバムを見た時の話 

将来有望な子たちばっかで驚いた。


まず、クラスの横山くん!

Q:あなたの前世はなんだと思いますか?
A:いつまで立っても2軍のアマチュア野球の実況の助手

妙に具体的でありながら、切ない前世予想図。
中学生なんだから前世くらい夢みようぜ…。
てゆうか、それただの一般人だろ!とツッコまずにはいられない。

次は野尻さん!

Q:あなたの将来の夢はなんですか?
A:和風の家に住み、障子を自動ドアにする。

素晴らしいドリーム!これこそ大和撫子!
これは次世代の匠になるかもしれない…
で、なんのため?なんのために障子を自動ドアに?

そして大森くん!!

Q:もし無人島にひとつだけ物を持っていくとしたら、何を持っていきますか?
またそれは何故ですか?
A:枕。グッスリ寝れるから。

だよねー。睡眠は大事だよねー。
真面目に「ナイフ」と答えた自分がバカみたい。
たぶんコイツの座右の銘は「諦めが肝心」。

同じ質問で、宇田川くんの答え!

A:近所の大手スーパー。理由:なんでもあるから

スケールでかいなー。まぁその時点で無人島じゃないけど。
キミにとってはスーパーは物なのかい?どこぞのおぼっちゃまかね!?
ちなみに「フジグラン」という地元のスーパーを希望だそうです。
プールもあるから、と。無人島なんだから海で泳げ!
てゆうかプールが大事なの!?

そしてフィナーレを飾るは高崎さん!!

Q:もし、百万円貰ったら、どうしますか?
A:高さと厚さをはかる。

オレ、この子だったら百万あげてもいい。
てか、てかね。「高さ」と「厚さ」って…どう違うのかな…。
まぁでもそんな野暮なことは言いっこなしにしようじゃないか。

こんな彼らも今はもう成人のはず。
どんな大人になってるんだろう。大物になってそうだ。
関連記事




トラックバック

http://notheme.blog91.fc2.com/tb.php/434-880c2ad4




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。