スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

あまりにヒドイので取り上げてみる。

【光市母子殺害事件】wiki
18歳と1ヶ月の馬鹿男が、当時23歳女性と生後11カ月の娘を
殺害した胸くそ悪くなるこの事件…
死刑廃止派の21人の弁護側の主張がひどすぎ。

<以下、引用>
・水道屋の格好したのはコスプレ趣味
(だから決して計画的な犯行ではない)
・姿を消した母親の寂しさを紛らわす為、
抱きついたら偶発的に起こった事件
・ママゴトのつもりで遊んでた
(床に叩きつけまくるママゴト遊びらしい)
・泣き止ませようと思って首にリボンをちょうちょ結びに
してあげたら死んじゃった (だから、傷害致死です)
・女性に抵抗されたから首を押さえたらなんか死んじゃった
(だから、傷害致死です)
・女性を生き返らせる為に死姦した
(被害者の救命措置を取りました、情状しろ!)
・精神の発達が遅れている 12歳児程度
(少年法にもあるとおり、18歳未満の死刑は出来ない)


<被告の手紙より>
・無期はほぼキマリ、7年そこそこに地上に芽を出す
・犬がある日かわいい犬と出会った。そのまま「やっちゃった」
……これは罪でしょうか




なんかもぅ、あまり口を開きたくないけれど、
もし、自分の最愛の人や家族が同じ殺され方して
この弁護が通って犯人が娑婆に戻ってきたら
いかなる手段を持ってでも探し出して、なで切りにすると思う。
たぶんすべてを捨ててでも…

弁護人は被害者の思いとか考えれないんだろうか。
いや、考えれないと、弁護人とかできないのかもしれないけど。

それにしても「生き返らすための死姦」て!なんだそれ!
「あーならしょうがないなぁ」と国民が思うと思ってるのか!?
関連記事




トラックバック

http://notheme.blog91.fc2.com/tb.php/51-295d61b9




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。